BIM Community​ -Kagoshima- 

鹿児島のBIMに関するコミュニティサイト

 
1/5

​どう活かす?BIMの可能性!

KAGOSHIMA BIM フェス 2019

in markMEIZAN

開催日

2019.5.18(Sat) 

開催​時間

13:00〜17:00(open12:30)

  • Facebook

イベント概要

日本でのBIM元年と呼ばれる2009年からはや10年。建設業界においてスタンダー ドな技術となり、広く普及が進みつつある中、どうやって使っていったらいいのか?という部分が大きな課題となっています。今回は2名の講師をお招きし、 BIMの活用方法と可能生について講義いただきます。また、県内企業によるBIMを使った確認申請についても事例紹介をしていただきます。このイベントを通じて、 BIMの活用方法についてみんなで考えていきましょう!

​今回参加の講師は、株式会社日建設計、熊本大学大学院の方を2名お招きいたします

石田憲/株式会社日建設計設計部門3Dセンター室

日建設計に入社後、2013年よりARCHICADを使い始める。 その後意匠設計部から3Dセンター室に移り、社内のBIM推 進業務を専門にしている。
BIMセットアップ、オペレーション 、ユーザーサポートからBIM 講習会の開催などBIM推進に深く携わっている。

大西康伸/熊本 大学大学院先端科学研究部准教授

組織設計事務所・アト リエ設計事務所を経て、2013年から 現職。研究テーマと して、建築設計や施工、維持管理におけ るアナログとデジタル、リアルとヴァーチャルを横断する最先端技術の利活用や、コンピュータを使った最先端の建築デザイン およびそのための新しい設計理論の構築。

案内チラシデータ  →​ PDFデータ

BIM

Building Information Modeling

 
REVIT_LOGO.jpg

Revit® には建築設計、MEP(機械、電気、配管)と構造エンジニアリング、施工に役立つ機能が搭載されています。Revit は、分野間のコラボレーション設計プロセスをサポートします。

CASE.01

REVIT

tfas_edited_logo.jpg

QUALITYを追求したその先に...充実の設備専用機能が、業務パフォーマンスを最大限に高める。

CASE.03

CAD'WELL TFAS

real4-logo.jpg

S/F REAL4は25年の歳月をかけて工夫に工夫をかさねた鉄骨専用CADシステムです。ユーザーの要望を取り入れながら、より使いやすく、より高速に、より多くの事例に対応できるシステムを目指し、常に進化を続けています。

CASE.05

S/F REAL 4

ARCHICAD_LOGO.jpg

30年以上の間、BIMとしての機能性、使いやすさ、導入のしやすさを考えて開発されているソフトウェアです。建築業界における設計、施工のさまざまな段階で業務を効率化し、プロセスを円滑化します。

CASE.02

ARCHICAD

BUS_6_logo.jpg

建築基準法、各種基・規準類に準拠し構造設計をトータルにサポートする高機能一貫構造計算ソフトです。

CASE.04

BUS-6

 
REVIT-Logo-1-8418-838x1024.png
Graphisoft-ARCHICAD-280x210.png
tfas_edited.jpg
bus6_title.gif
real4-logo.png
Vectorworks_Logo1.png
Link
article_201801_463_03.jpg
rebro.jpg

〒890-0054 

鹿児島県鹿児島市荒田1-16-7 e-terrace 303

info@ixrea.jp 

TEL:099-296-1595/FAX:099-833-3246